掛け持ちで働く場合

オフィスレディや学生、主婦、シングルマザーなどの属性にある女性が、風俗店で働きたいと考えるケースも存在します。そういう女性にとって、昼間の仕事や学生生活、家事、子育てなどと風俗の仕事を、いかにして両立させるのかという問題があります。

風俗店で働くことのできる時間は、OLや学生なら、昼の仕事や学校の授業が終わった後の時間や休みの日に、主婦やシングルマザーであれば、家事や育児の手が空いた時に限定されてしまうことでしょう。そのような問題を解決するためには、時間の都合がつきやすい風俗のジャンルやお店を選ぶことが大切です。

数ある風俗店の中でも、デリバリーヘルスは、時間的な自由度が高いお店と言えます。デリヘルなどの無店舗型風俗店では、ファッションヘルスなどの店舗型風俗店とは異なり、風営法によって営業時間が制限されません。したがって、24時間の営業が可能となり、風俗店で働く女の子にとっては、勤務時間の選択肢が多くなるという訳です。例えば、夫や子どものいる女性が、朝、会社へ向かう夫を送り出してから、子どもを幼稚園などへ迎えに行く時間までの間だけ、デリヘルのお店で働くというワークスタイルを選択することも可能です。

自由度の高い風俗求人

忙しい昼間の仕事や学業、家事、育児などに追われる女性が、風俗求人から風俗店で働くにあたっては、どのようにして掛け持ちを成功させるのかが問題となります。そのような状況にある女性は、自分が自由に使える時間帯や曜日を明確にして、フレキシブルな出勤スタイルが採用されている風俗の業種・店舗を探すことが大事になります。そうした条件を満たす風俗店として、デリバリーヘルスを挙げることができます。デリヘルを含む無店舗型風俗店の場合、店舗型風俗店のように、法律による営業時間の制限がないため、時間的に自由度の高いスタイルで働くことが可能です。

また、デリヘルのお店では、基本的に自由出勤制が採用されています。ただし、風俗業界における「自由出勤」とは、「シフトを自由に組める」ことであって、「自分の好きな時にだけ出勤できる」という意味ではありませんので、その点は注意する必要があります。とは言え、事前の申告をするだけで、自由にシフトを組むことができるのに違いはありません。そのように、自由なスタイルで働けるのは魅力的ですが、だからと言って、当日の無断欠勤などを繰り返すと、お店にいづらくなってしまうので、気をつけましょう。

当カテゴリーでは、デリヘルを例に挙げて、時間の都合が付きやすい風俗店に関する情報をいろいろとご提供してまいります。仕事や勉強、家事、子育てなどと風俗の仕事を掛け持ちしようとお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。